ホーム >> カラオケでモテる! >>  歌い方1つで相当違うモテ技術

歌い方1つで相当違うモテ技術

カラオケでモテる!
歌い方1つで相当違うモテ技術

どれだけ歌がうまくても、カラオケではアーティストのようなパフォーマンスは必要ありません。あくまで、プロの方は聴き手を楽しませる為に、ライブなどで派手に動いているだけです。

カラオケの様な小さな箱の中で、不必要に大声を出してみたり、まるでアーティストとお客さんのような、自信満々な事をしたりしていると、逆に不自然に見えてしまいます。

どんな仕草や歌い方が、変に見えてしまうのでしょう。ここでは、カラオケでのダサい人と、カッコいい人の違いについてご紹介しています。

合いの手を自分で入れる人

歌詞と歌詞の間に合いの手を入れる曲がありますが、1人で全てを歌ってしまうと、せっかく良い曲でも台無しになってしまいます。合いの手は、自分以外の人がやってくれる事によって成立します。

周りが協力してくれるから楽しい歌になるので、合いの手のある曲を選ぶ時には、ノリの良い曲を選ぶといいでしょう。

上手く歌おうとしない

歌が上手い事にこした事はありませんが、あまりにも上手く歌おうとすると、逆に格好を付けている様な歌い方になってしまいます。実際に、 歌手やボイストレーニングをしている人であれば別ですが、自然に歌うほうが、カラオケではよく聞こえます。

楽しそうに歌う

みんなでワイワイやるのが、カラオケの良いところです。とにかく楽しそうに歌っていれば、周りも楽しくなります。最初から、テンションが高過ぎるのもおかしいかもしれませんが、 ムードメーカー的な存在の方であれば、楽しくやっているだけでみんなを巻き込めるでしょう。

カラオケでの、ノリや場の雰囲気はとても重要です。1人のテンションが下がってしまうだけで、部屋にいる全員が楽しくなくなる事もあります。一緒にいる友達に少しだけ気を遣ってあげる事で、 楽しさは何倍にも変わります。

1度行ったメンバーが、楽しかったメンバーであれば、次も行きたいと思いますし、相手にも同様に思ってもらえます。

是非、ご自身の歌唱スタイルを身につけて、楽しいカラオケにしましょう。