ホーム >> カラオケでモテる! >>  腹式呼吸で声量アップ

腹式呼吸で声量アップ

カラオケでモテる!
腹式呼吸で声量アップ

カラオケ上達のためには、まず声量をアップさせることが必要です。声量がないと歌に強弱をつけることができないので、盛り上がるべきサビでも同じように聞こえてしまいます。さらにカラオケの伴奏に声が負けてしまい、歌っているのかいないのかもわからないような状態に。カラオケなヘタな人の特徴ともいえます。

声量をアップさせるためには、腹式呼吸を身につけることが大事。腹筋を使い、肺呼吸よりも多くの空気を取り込むことができるので身につけられれば無理なく声量をあげられます。

腹式呼吸はペットボトルで身につけよう

腹式呼吸は、横隔膜を使って息を吸う呼吸法です。普通、人は呼吸をするとき肺に空気を取り込んで息をしています。普通に生活している分には問題ないのですが、歌を歌うという多くの空気が必要なシーンでは、無理がくることがあるんです。さらにアーティストのような十分な声量を確保するのにも、肺呼吸では難しいんだそう。そこで必要なのが、腹式呼吸。お腹の部分に空気を取り込むため、普段よりたくさん空気を吸い込むことができます。より大きく、長い声を出せるようになるのです。

ただ腹式呼吸は、なかなか意識しないとできるものではありません。日常的に腹式呼吸をしているという人は珍しいでしょう。さらに猫背の人だと横隔膜が縮み、凝り固まっていることも多いので腹式呼吸がしにくいこともあります。そこでペットボトルを使い、腹式呼吸の感覚に慣れていくようにしましょう。

用意するものは、2Lが入るペットボトルのみ。大きく息を吐き、これ以上吐けないなというところまできたら、ペットボトルを口にくわえて一気に息を吸います。腹式呼吸がきちんとできていると、誰でも簡単にペットボトルがボコッと変形するのです。最初のうちは全くできないかもしれませんが、慣れていけば簡単になるでしょう。ただあまりに無理をし過ぎると、意識を失うことがあります。無理をせず、ゆっくりと慣れていくようにしてください。

腹式呼吸で体の不調も解消?

腹式呼吸は肺を使って呼吸をするよりも、多くの空気、つまり酸素を取り込むことができます。そのため無意識に腹式呼吸ができるようになると、体の不調も改善する可能性があるのです。

まず多くの酸素が体に取り込まれることで、各内臓に行き渡る酸素量が増えます。そうすると各内臓がより活発に動くようになるため、冷えにくくなるんだそうです。体の冷えは、血流を悪化させる最大の原因。冷えて血流が悪くなると冷え性や便秘、むくみや肩こり、腰痛など様々な不調を招きます。男性特有のEDも血行不良が原因で引き起こされることがあるそう。

ですが腹式呼吸で多くの酸素を取り込めれば、こうした不調も改善したり、症状が軽くなるかもしれないのです。またほかの臓器はもちろん、脳にも酸素が多くいくようになるので判断力や集中力がアップする、ともいわれています。呼吸法を少し変えるだけで色々と嬉しい作用があるならば、カラオケが上達せずとも取り入れたいものですね。

ちなみに男性特有のEDの場合、バイアグラなどのED治療薬で改善を目指すのが一般的ですね。バイアグラにも腹式呼吸と同じように血行を促進させる作用があり、それによって男性機能を正常化させているんだそうです。ただバイアグラの作用は劇的に短時間、という特徴があるため腹式呼吸で日頃から血行を促進させておくとより効果が出やすくなることがあるんだそう。

最近ジェネリック版も発売され、以前より手に入りやすくはなりましたがせっかくお金を出すならば、最大限効果を引き出したいものですね。声量アップだけでなく、バイアグラを日頃活用している人も腹式呼吸を取り入れてみてはいかがでしょうか。