ホーム >> カラオケでモテる! >>  歌が苦手な人は、実は鼻炎持ち?

歌が苦手な人は、実は鼻炎持ち?

カラオケでモテる!
鼻炎

どうにも声量を出せなかったり、安定して息を続かせられないという人は多いはずです。もともと大きな声を出すことが苦手、という人もいるのでしょうがなかには病気や体質によって歌がうまく歌えないということもあるようです。

鼻炎は上達への大きな壁

カラオケ上達を妨げる大きな壁となるのが、鼻炎です。もちろん風邪や花粉症といった、一過性のものなら大きな壁、というほどではありませんが日常的に鼻がつまっている感じがしていたり、鼻水やくしゃみが頻繁に出るという人は慢性鼻炎などの可能性があるので病院に行くのがおすすめ。

歌を歌うには多くの空気を取り込む必要があり、口で声を出す一方鼻で息を吸い込まなくてはいけません。そのため鼻がつまっているとどうしても十分な量が吸い込めず、曲の途中で息切れしてしまったり声量が安定しないといったことが多いそうです。また慢性鼻炎や副鼻腔炎などを起こしていると、鼻の粘膜がはれてしまい空気の通り道が狭くなってしまいます。鼻がつまっていなかったとしても通り道がせまくなっていては、やはり同じく十分な量を吸い込むことはできませんね。ぜひ耳鼻科に行き、治療してもらうようにしてください。

また自分でできる鼻の通りをよくする対策法としては、鼻うがいというものがあります。花粉シーズンになるとテレビでもCMが流れたりしているため、ご存知の人も多いかもしれません。鼻から刺激の少ない液体を入れ、そのまま喉を通らせて口から出す、というもの。鼻の奥の粘膜についた花粉を洗い流すのに効果的なんだそうです。もちろんそれだけでなく、鼻の奥が何となくつまって気持ち悪いというようなときにも重宝するんだとか。鼻炎で医師から薬を処方してもらっている人は薬と併用し使うと、効果的だそうですよ。

扁桃腺肥大も隠れた食わせもの

鼻炎と同じく、空気の通り道を狭くしてしまうのが扁桃腺肥大です。扁桃腺とはいわゆる喉ちんこのことで、それがほかの人よりも大きいことをさします。過去医者にかかったとき、「扁桃腺大きいね」と言われたことのある人だと、もしかしたら扁桃腺肥大かもしれませんね。また扁桃腺が大きいと高熱が出やすい、という特徴もあります。

この扁桃腺が大きいと、どうしてもほかの人よりも喉の空間が狭くなってしまいます。人によってどの程度大きいかによっても違いはありますが、あまりに大きな人だと寝ているときに気道が圧迫され、いびきをかくこともあるそうです。改善するには手術によって切り取るしかないのですが、切り取ると風邪を引きやすくなるなどの悪い影響も少なからずあるんだとか。そのため現在では積極的に切り取ることは珍しいんだそう。ただいびきでしっかりと眠れないなど、気になる症状があるならば医師に相談してみるのがおすすめです。

このように、歌が苦手な人のなかには意外な原因が隠れていることもあります。扁桃腺に関しては、正直なところ改善するためには手術を受けるほかないので難しいところですが、鼻炎ならば耳鼻科に行ったり鼻うがいなどで通りをよくすることは可能ですね。鼻の通りがよくなれば、空気の通り道がしっかりと確保されるので歌詞もしっかり発音できますし、高い声も出やすくなるそうです。そういえば何となくいつも鼻がつまっている感じがするな、という人はぜひ耳鼻科に行ってみてください。鼻の通りをよくし、万全の態勢で上達を目指しましょう。