ホーム >> これをやると逆効果!?カラオケNG集 >>  カラオケ好き男子は要注意!歌が好きすぎて?

カラオケ好き男子は要注意!歌が好きすぎて?

これをやると逆効果!?カラオケNG集
カラオケ好き男子

歌うことや音楽が大好き、という男性は多いでしょう。男性はひとりのアーティストやジャンルにドハマりするタイプが多いので、メジャーからマイナーまで、完全にマスターしているというような人も少なくないのでは?

そのためカラオケともなれば、女性にいいところを見せようという下心も相まってつい気合いが入り過ぎてしまう。そんな人は、要注意。好きすぎるがゆえの行動が、ドン引きされる原因になりかねません。

採点機能は控えめに

カラオケといえば、自分の歌を評価してくれる採点機能がついていますよね。最近の機種になるとハイクオリティなものも多く、細かいトーンのズレやビブラートやこぶしといった、歌唱テクニックまで評価してくれます。カラオケ好きな人なら、ついつい採点機能を使いたくなるでしょうが、女性にモテたいなら封印するのがおすすめ。

採点機能を使うと、カラオケ好きはどうしても点数を競いたくなります。満足な点数が出て、女性からもほめられれば雰囲気も悪くならないのでしょうが思うように点数がふるわないと、なんとも微妙な空気に。さらについつい「普段はもっと点数が出るんだけどな」なんて負け惜しみをいってしまうと、雰囲気は完全にしらけてしまうでしょう。確かに女性の前で高得点を出せなかった悔しさはわかるのですが、そこでつい「本当は…」といってしまうとプライドが高く、扱いにくい男性に思われがち。カラオケ好きで、採点につい熱くなってしまうタイプの人は女性と一緒のときは避けるようにしましょう。

またもちろんですが、採点機能を使わなかったとしても歌がうまく歌えないことについて言い訳しないこと。多少ヘタでも、変に言い訳せず明るくふるまっていた方が断然印象がいいです。本当はもっと歌がうまいんだよ、とアピールしてもそのときにうまく歌えなかれば、あまり信ぴょう性はありません。そのときうまく歌えず、悔しい思いをしたら次に女性を驚かせられるよう練習するのがカッコイイ男性といえるでしょう。

人の歌は、人の歌

そして男性に多いカラオケでのモテない行動が、誰かが歌っている歌に勝手にハモったり、ケチをつけたりすること。女性が歌っているときは、基本は女性だけの時間です。いくらうまくても、歌っている最中に勝手に割り込まれてハモられていい気分はしません。ハモりたいなら、歌いだす前に確認をとっておくこと。もちろんそこまでうまくもないのに、無理してハモる必要は全くないです。中途半端に音程がズレているハモりは、聞いていていいものではないですよ。

そして誰かの選曲や、歌い方にいちいちケチをつけるのもナシ。女性が男性のアーティストの曲を入れただけで「キー合わないでしょ」なんてケチをつける人、見かけたことないですか?本人的にはアドバイスのつもりなのでしょうが、歌うたびにマイナスなことをいわれ続けると女性でなくともうんざりです。「こう歌った方がいいのに」と思ったとしても、人の歌は人の歌。曲や歌い方が気になっても、マイナスなことはいわないようにしましょう。

カラオケが好き、音楽が好きなことは素敵なことです。自分なりに曲を研究し、より高い得点が出るよう考えながら歌うのも、楽しみ方のひとつでしょう。ただあくまでカラオケですから、楽しみ方は人それぞれ。どの曲をどんなふうに歌うかも、その人によって違います。歌うことが好きすぎると、つい「こうあるべき」と固執してしまいがちですが女性と一緒に楽しむならもっと肩の力を抜いてください。多少ヘタでも音程がズレていても、一緒に楽しめればOKなのです。