ホーム >> 女性を口説きたい…でもその前に >>  タイプによって使い分けるカラオケ選曲のコツ

タイプによって使い分けるカラオケ選曲のコツ

女性を口説きたい…でもその前に
選曲のコツ

カラオケでの選曲は、あなたの好みで選んではいけません。モテたいのであれば、女性のタイプによって使い分けるべきです。ここでは、「音楽好き」な女性とのカラオケを例にあげて紹介します。

J-POPはダメ?音楽好きな女性とのカラオケ

意中の女性のタイプによっては、カラオケでの選曲はかなり重要となってきます。特に、普段から音楽好きを公言しているようなタイプの前ではJ-POPは禁止。センスが悪いと思われてしまうでしょう。

だからといって、周りが知らないような曲を延々と歌うのも危険です。場が白けてしまい、空気が読めない人という印象を与えてしまう可能性があります。ある程度認知度があって、盛り上がれるアーティスト・・・これはなかなか難しい注文です。

ネタソングでひとまず盛り上がろう

困ったときの定番といえばやはりネタソングでしょう。自分のセンスを見せるのではなく、あくまで場を盛り上げるために歌っているんだ、というアピールになります。昔のアニメソングや、テレビなどの企画ものソング。NHKみんなのうたなども良いかもしれません。

その場にいる全員が口ずさめて、なおかつちょっと笑ってしまうような選曲は好感度が高いです。いくつか自分の中で鉄板となるものを普段からストックできるよう、探しておくと良いでしょう。

洋楽を歌っておけば間違いなし

ネタソングは確かに盛り上がりますが、いつまでも続けているとひんしゅくを買う場合もあります。そろそろ空気が違うな、と感じたら、迷わずできるだけ有名な洋楽ソングを歌うようにしてください。海外アーティストの曲であれば、たいていの場合センスが悪い、とは思われないはずです。

ただし、昔の洋楽は極端に1曲が短いので注意。有名なビートルズは、そのほとんどが3分以内の曲です。あっという間に終わってしまっても盛り上がりに欠けます。洋楽についての知識も集めておくのが良いでしょう。

名曲に勝る武器なし

洋楽ネタも尽きたとなれば、あとは本当に自分が好きな曲を歌うしかありません。ですが、とにかく有名ミュージシャンの最新曲だけは外しておいてください。何故かは分かりませんが、音楽好きを公言する女性は最新ヒットチャート1位の曲が基本的に嫌いです。

なので、少し古めの名曲と呼ばれるものをチョイスしておくのがベストです。自分の親世代が聴いていた曲でも良いでしょう。「今どきこの曲を歌うなんて、本当に好きなんだな」と思わせることが大切です。

このように、女性のタイプによってカラオケでの選曲は変えなければいけません。相手の好みを見極め、合わせることこそがカラオケ攻略のカギです。